Komi屋 赤ちゃんから、むし歯予防をはじめよう

〜日本発!世界一素晴らしい日本の子育てを、オーラルケアの視点から歯科衛生士komiyaが発信するサイトです。〜

離乳期から子どものむし歯予防のために歯医者さんを賢く利用しよう。

子どもが生まれて初めて歯医者さんに行くタイミングっていつでしょうか?
今回はむし歯予防のための歯磨きを、習うタイミングについてお話しします。

初めて歯医者さんへいくタイミング

赤ちゃんが生まれて、お医者さんと関わるきっかけは、「検診」でしょう。一般的に知られている検診のタイミングは、

・「生後1カ月児」
・「生後3~4カ月児」
・「生後6~11カ月児」
・「1歳6カ月児」
・「3歳児」

ですが、住んでいる地域によっておこなわれている月齢は異なります。
地域差があるので、事前に保健センターのホームページなどで調べておく必要があります。

この検診で、歯科が含まれるのは、
10ヶ月〜3歳までの間ですが、これも各地域によって違いがあり、その中でも1歳6ヶ月、3歳児検診が主に開催されています。

乳歯が生えて、最初の歯科検診が1歳6ヶ月。その時の口の中はどうなってのでしょう!?

この時期になると、一般的に前歯上下合わせて8本と、奥歯の4本がようやく生えた頃です。奥歯を使って、柔らかい食べ物を噛み砕くことができますが、線維性の強い食材などはまだ完全に口の中で処理することができません。
離乳食完了期を迎え、幼児食に入ったばかりの時期です。
食事の内容も、離乳はじまりの頃と比べると、種類も豊富になります。そうすると、歯の汚れもつきやすく、また奥歯のような複雑な形をした溝や、唾液の流れがよくない上の前歯は、むし歯のリスクも高くなります。
歯が生える時期は、個人差もありますので、
今お子さんお口の中に何本歯が生えているか?も把握しておきましょう。
この時期までに、歯磨き習慣の元になる「楽しんで歯磨きする習慣」を定着させたいですね。

歯磨きしなくちゃ

歯が生え始めると、「歯のお手入れをしなくちゃ」と、意識すると思います。しかし、直ぐに取り掛かるにも、どこから手をつけていいのか、
迷ってしまいますね。
それもそのはず、自分の口の中の扱い方ならわかりますが、自分以外の人が口の中を触る機会はそうないため、意外と難しいのです。
「磨かないといけないけど、いつから歯ブラシデビューしようかしら?」
「口の中をサッと拭くだけにしているけれど、いつから歯ブラシ使ったらいいかしら?」

歯のお手入れをするには、口の中の不快な場所や、歯ブラシの力加減など、少し知識を入れておくと、できることばかりです。そんな時に、歯医者さんを利用して、専門的に習っておくと、歯が生えた時、慌てることなくお手入れすることができます。

最初の歯が生えたら、もういつからでも歯ブラシは使っていいのです。

歯医者さんで、専門的に習う

デリケートな口の中を、
どうお手入れすればいいのか?お口の扱い方こそ、歯医者さんの出番です。歯科医院はむし歯の治療をするだけの場所ではありせん。むし歯にならないようにお手入れの仕方を教えることも、歯科医院としてのお仕事です。もちろん歯科衛生士さんがいたら、歯磨きのプロですので、ぜひ習ってください。

生え始めに聞いておくと、より安心ですね。
準備するなら歯が生え始める5〜6ヶ月ごろまでに歯科医院にかかる方がいいでしょう。歯はおよそ下の前歯から、生えてきます。実は歯は生えた時から、汚れは付着しますので、すぐに歯磨きに取り掛かりたいところです。事前に、「歯が生えたらどう歯磨きをすればいいのか?」、歯医者さんを利用して、専門家に聞いてみるといいですね。

予約制がほとんどの歯医者さん

予約制で診療をしている歯医者さんがほとんどなため、事前に必ず問い合わせをしましょう。その際、「子どもの歯磨きの仕方を知りたい」と、窓口で伝えておくといいでしょう。「小児歯科」項目が、診療内容に書かれている歯医者さんをお勧めします。その歯科医院の雰囲気に慣れるためにも、5分〜10分前に入っておくと、お子さんも落ち着きます。

用意するもの

事前に用意した歯ブラシを持参できると、それを使って歯磨きの方法を教えてもらうこともできます。また、どんなものを選んだら良いかわからないときは、具体的に教えてもらうこともできます。歯ブラシの種類はたくさんありますので、迷っている商品があれば、聞いてみるとアドバイスがもらえます。

予防意識が高まってきた時代だからこそ!

これから生える新しい歯の健康を守ることに、備えることは素晴らしい行動です。まっさらなお子さんの歯を守っていくには、歯が生えた時から習慣としてうまく始められるように準備しましょう。心配なことは、専門家に直接聞くことが一番安心です。 

歯磨きの達人歯科衛生士に詳しく聞くポイント!

歯科衛生士のお仕事は、まさにむし歯予防に努めることが本来の業務ですので、どこの歯科医院の歯科衛生士でも、歯磨きのことは詳しいのです。
歯磨きの方法を聞くときは、
・口周りの粘膜の扱い方
・引っ張り方
・どこに歯ブラシが当たると、痛いのか?
・不快な思いをするのか

を、よく聞いてきてください。
これは大人でも同じことが言えますが、自分で自分の口を触るのと、他人が触るのとは感覚的に全然違います。口の中はとてもデリケートなので、注意するところはしっかり聞いておきましょう。

パパ・ママのむし歯のリスク

過去にむし歯治療の経験をしていたら、幾らかはむし歯の原因菌が口に住み続けています。それは子どものむし歯リスクへも影響するため、両親の口の中の状況も、子どものむし歯予防には大切なことです。むし歯菌は、感染することで移ります。その時期は、1歳6ヶ月から2歳6ヶ月の期間をかけて、細菌の定着が起こります。

細菌の定着が起こる前に、お子さんの環境を整える意味でも、周りにいる大人の未処置のむし歯や歯周病も治療を済ませましょう。

まとめ


1歳6ヶ月の歯医者さんの検診時期までに、歯を守る観点から歯医者さんを利用するのも、歯磨き練習を始めるきっかけになります。
詳しいことは、専門家に聞いて直接教えてもらった方が間違いないですね。口の中は、思った以上にデリケートです。あらかじめ知識を入れておくと、
準備しやすいです。
また、お子さんのお口の外の環境を整えることも重要です。
家族単位で、お子さんのための環境を作りましょう。