Komi屋 赤ちゃんから、むし歯予防をはじめよう

〜日本発!世界一素晴らしい日本の子育てを、オーラルケアの視点から歯科衛生士komiyaが発信するサイトです。〜

歯がなくなったら必ず口にする後悔の言葉ベスト5

日々、歯科メンテナンスケアに関わって

かれこれ、今の職場で10年近くなりますが、臨床歴はトータルで、15年ほどになります。
臨床に関わっていない時間は、育児期間や歯科衛生士専門学校の実習助手のした経験があります。

今までに、口腔ケア・歯周病治療・むし歯予防・子どもから大人まで、主にメンテナンスを行う中、「でたー、またこのセルフ、耳タコだ〜」と言えるくらいの患者さん、後悔ベスト5というのがあります。

歯を一本でも失うと、初めて気づくその重みは、本人にしかわかりません。
できれはそうなる前に、備えて欲しいところですがなかなか、歯の痛みが出る前に予防行動ができる人は少ないです。

まずは、実際の言葉を、ご覧になってください。

後悔の言葉ベスト5

第5位
・人には相談できず、歯医者に行くも嫌で、時間ばかり過ぎていた

第4位
・自分の歯が、こんなに大切なものだとは思わなかった

第3位
・3回目の歯が生えてほしい

第2位
・ずっと当たり前にあるものだと思っていた。

第1位
・もっと早くから、メンテナンスに出会えればよかった

歯の悩みは、誰にも相談できなかった

口の中のことで、
悩む人は
密かに多いのです。

自分のカラダは、自分にしかわからない。

他人は所詮他人。

自分を労い、愛してこそ、自分そのものを受け入れ、応援していけます。

時には失敗したって、歯の場合もう戻ってはこないけど、

そのほかの歯をそれなりに守ることはできます。まだ歯を亡くされていない人は、このベスト5から、どうか学び取ってください。

切実ない思いが込められています。
これからの世代に、ぜひ伝えて欲しい重要なことですね。