Komi屋 赤ちゃんから、むし歯予防をはじめよう

〜日本発!世界一素晴らしい日本の子育てを、オーラルケアの視点から歯科衛生士komiyaが発信するサイトです。〜

仕上げ磨きのムラが起こるわけ〜お悩み相談のお話より〜

「自分では、歯磨きをするけれど大人が磨く番になったら、
たちまちテンション下がり気味。


じっとしていてくれる時間は、相変わらず短くて、このままではいつかむし歯になってしまうと心配です。」

と、あるお母さんからの相談です。

赤ちゃんのおもちゃなめ遊びから始まり、定着する「歯磨き」。


お子さんは、自分のお口の中で、歯ブラシが当たれば不快な場所(嘔吐反射が起こりやすいところ)や、強く擦れたら痛みを感じる場所(歯の付け根の硬い歯肉)など、デリケートなところは体で理解できています。


しかし、他の人から歯磨きをされることは、よほど信頼を置いて、注意をして歯ブラシの操作をしてくれると安心できていないと、歯磨きを拒否されてしまいます。




1、歯ブラシの振りが大きすぎると失敗確率高い!



上や下の奥歯の内側を磨く時、歯ブラシを大きく動かしてしまうと、嘔吐反射エリアに食い込んでしまい、「オエッ」と苦しく、不快な思いをすることがあります。


また、そうなりそうな時も、「それ以上は危険」と体が自然に反応するかのように、子どもから前もって拒否サインが出ることもあります。


例えば、歯ブラシを噛む事も、自分を身の危険から守る行為としてする場合かわあるのです。


奥歯の内側を磨く時は、特に注意が必要です。



2、歯磨きタイムは楽しい時間に



子どもの協力でほぼその日の出来が決まる歯磨きタイム。


「隅々まで綺麗に磨くこと」を念頭に、歯磨きに集中しすぎると、大人も「お掃除モード」が優先し、子どもの気持ちや不快をキャッチできるアンテナがお休みになりがちです。


「歯磨きは自分の体を手入れする時間で、しかも楽しい」ことが、磨く前に必要な、歯磨きに対するイメージです。

この良いイメージがあるからこそ、自分以外の人にデリケートな口の中の管理をお任せできるのです。

お子さんの気持ちがリラックスできる状態を工夫することが、歯磨き習慣の一番優先したいところですね。

子どもの好きなお話をしながら、歌を歌いながら、即興で作ったお話でも子どもは頭の中で想像してくれますし、それが楽しさを味わえるきっかけにもなります。




3、歯磨きのタイミングがよくない


歯磨きを「作業」として捉えると、毎日同じことの繰り返しになりがちですね。

しかし、子どもの環境背景は、毎日の作業として収まることがありません。

日々成長し、見るもの聞くもの全て学習しながら、知恵をつけている途中段階です。


そんな中、大人の「歯磨きしやすいタイミング」と、子どもの様子で「今なら気分良くできそう」というタイミングの不一致で、歯磨きタイムが失敗してしまうこともあります。

子どもよりも視野を広げて段取りを考えられる大人側で、ちょっとした隙間時間や、お風呂に入っている時など、「ついで」の時間を利用して歯磨きしてみましょう。

育児中の皆さん、
めげずに、頑張りましょう!