Komi屋 赤ちゃんから、むし歯予防をはじめよう

〜日本発!世界一素晴らしい日本の子育てを、オーラルケアの視点から歯科衛生士komiyaが発信するサイトです。〜

我が家の歯磨き「あーいー法」

    • 試行錯誤の上たどり着いたあるお母さんのアイデア、いいですね!

気になる話題

子どものお口の事で気になるのは、「むし歯にならないかな?」という事ですよね。毎日の歯磨きで、ちゃんと磨けている?磨き残しはないか?とっても気になると思います。歯科検診で歯磨きの指導はしてもらえますが、自分で実戦しても、子どもがそもそも口を開けてくれなかったり、指でこじ開けたら噛まれてしまったりと、なかなか上手くいかないですし、綺麗に磨こうとすると、口を開けっぱなしになってしまって、とっても辛そう。

私は、こんな風に感じていて、少し歯磨きの仕方を変えました。きっかけは保育園の保健だよりでした。歯の健康を特集していたそのプリントに、奥歯を先に綺麗にしてから前歯を磨くと、磨き残しがなく上手に磨けますよ、と書いてありました。

そこで、早速その方法を試してみたのですが、奥歯を先に磨こうとすると、ずっと口をあーっと開けっぱなしになってしまい、少々飽きっぽい息子は、あーっと口を開けていることにも飽きるのか、起き上がってしまったり、もうおしまいだよと言って、遊びに戻ってしまったりして、なかなか上手く行きませんでした。

もしかして

「あーっ」と口を開けているよりも、「いーっ」としてくれた方が、頰側の面は磨きやすいんじゃない?と思ったのです。そこで、私は、「あー」と「いー」を繰り返す方法にしました。まず、自分から見て右側の奥歯を磨くために、「あーっ」と口を開けてもらいます。そして、右側上の奥歯の内側と噛み合わせを磨いて、「いーっ」としてもらい、同じ箇所の頰側の面を磨きます。

次に「あーっ」としてもらい、今度は右側下の奥歯の内側と噛み合わせを磨いて、「いーっ」としてもらい、頰側の面を磨く。この「あー、いー」を繰り返して、左側まで全て磨きます。そうすると、全ての歯を内側外側と丁寧に磨けますし、順番を覚えなくてもいいので、磨き残しも少なくなりました。

また、口で「あー、いー」と繰り返すので、飽きっぽい息子も「あー?いー?」と今は「あー」なのか「いー」なのか聞いてくれるようになって、少し歯磨きに集中してくれるようになりました。

この方法を、保育園のお母さんと「歯磨きどうやってしてる?」という話をした時に教えたところ、ご家庭で試してくださったようで、「磨きやすくなったよ」とおっしゃっていただけました。歯磨きは、なかなか子どもも乗り気になってくれないので、短時間で、確実に磨きたいものですよね。

そこで、単調にならない口遊びのように、「あー」と「いー」を使い分けて、子どもを飽きさせずに磨く、「あーいー法」、よかったら試してください。

    • 子どもにも歯磨き方法に参加してもらうように、わかりやすくすれば、うまくいったみたいだね〜

    • そうね、単純でわかりやすい動きがある方が、飽きなくていいかも〜