Komi屋 赤ちゃんから、むし歯予防をはじめよう

〜日本発!世界一素晴らしい日本の子育てを、オーラルケアの視点から歯科衛生士komiyaが発信するサイトです。〜

赤ちゃんの歯磨きは、最初が肝心!

赤ちゃんの歯磨きがすんなり習慣化するには、どんなことに気をつければいいのでしょうか?まだ、言葉を交わすこともできない間は、意思の疎通が難しく感じますね。しかし、我が子がむし歯になってしまったら、大変です。うまく歯磨きができるようになるには、歯磨きの方法以外に大切なことがあります。それを事前に整理して準備しましょう。

歯磨きは、脳トレ感覚で始めよう

生活習慣の中に、新しく組み込まれる習慣「歯磨き」。今まで、口の中におもちゃ舐めなどして、口に物を入れたり、カミカミして遊んで来た延長に、歯磨き習慣を入れていきます。大人にとっては自然な習慣になっていますが、赤ちゃんの場合は、全く初めてですから、抵抗のないところから真似っこしたり、遊びながら小さく、楽しく始めます。

毎日同じ生活ではないように赤ちゃんの調子の良い時を見計らって、「いまならできるかも!」という瞬間を逃さないようにしましょう。そのタイミングを見計らってようやく入り口に立ったばかりです。切り口を探すことは、いわゆる脳トレの感覚でしてみましょう。

虫歯ゼロも夢じゃない!?生活の中の歯磨き習慣

歯磨きは、なぜしなくてはいけないのでしょうか?むし歯予防のためだけでしょうか?外で遊んで汚れたら手を洗うように、食事をすればお口の中も汚れます。生活習慣のあたり前えの行動として、「歯磨き」を捉えて教えていきましょう。

むし歯に焦点を当てすぎると、義務感に狩られてしまいやすくなります。離乳期が終わるまでは、歯磨きに協力できる環境を整えるために、大人は知識や手技的な事、赤ちゃんには、歯磨きは苦痛ではない時間を、イメージつけていく事です。

また、人とのコミュニケーションのためにも、お口の中の清潔感を保つことは、将来のエチケットとして必要ですね。そのためにも、歯磨きをすることに抵抗がなく、ある一定時間、口を開けて、歯磨きに協力してくれる関係を築くためには、小さなステップを繰り返し踏むようにします。慣れないうちは食後に必ず行う事や、回数・時間にこだわる必要はありません。

歯が生えて来た途端に、「あーどうしよう!歯磨きしなくちゃ〜」と焦ってしまうお母さんもいらっしゃいます。「むし歯」の治療経験がある人は、「そんな思いを子どもにはさせたくない!」という気持ちになりますね。だからと言って、「今日から歯磨き開始!」と言いたいところですが、なかなか、実際そういうわけにはいきません。

まずは、歯磨きをするための、興味を持たせる・優しく話しかけてくれる・痛くないこの3つを目指して練習を始めましょう。

「歯磨きすることは、良いことずくめ」と興味を持たせていきましょう

まず興味を持ってもらう事を優先に考えましょう。歯磨きをすると、良いことがありますね、スッキリして、口の中が気持ちがいい、笑顔がキレイになる、磨いてくれる大人も喜んでしてくれる、などプラスイメージを教えていくことが、有効です。つまり、良いイメージを教えていくことです。将来、ずっと親の手を借りて歯磨きする子はいません。いつかは自分で自分の口の中を管理しなければいけないのです。その時に歯磨きに嫌なイメージを持っていたらどうでしょうか?特

別抵抗なく、自然な習慣に持っていくには、当たり前で自然なことを子どもに教えていくことです。反対に磨かなかったらどんな事態になるかを、強調する必要はありません。大人が自分の口をお手入れしているところを自然に見せるのもいいですね。ぜひ家族で、当たり前の習慣を見せてあげてください。

赤ちゃんに興味のある歌や、「お口を触らせてね」など、今からする事をなるべく言葉をかけて進めます。無言で、闇雲に磨こうとすると、びっくりしてしまいます。コミュニケーションを取りながらより、楽しい時間として捉えてもらうために言葉かけに注意して進めましょう。この時に、歯磨きとは全然違うお話をしたり、今日の出来事や、作り話をしながら歯磨きをします。話すスピードはゆっくりで落ちついて話かけると、安心した雰囲気ができます。

歯磨きを痛みなくする方法

手技的な事はこちらの「乳歯の奥歯が生えてきたー、朝・昼・夜いつから始める?歯磨き生活。」を、参考にしてください。痛みを感じる場所は歯以外の場所に歯ブラシや指が強く当たった時です。つまり歯肉や粘膜部分で、特に、歯の付け根に歯ブラシのヘッドがこすれたり、前歯の裏にある小帯(しょうたい)にブもラシが引っかかると、痛みます。

また不快な症状を与えないことも大事です。特に奥歯が生えてから歯ブラシを奥に入れすぎないよう、注意しましょう。唇を引っ張る時は、口角に指を引っ掛けて真横に引っ張ると不快に感じます。斜め上または下方向に引っ張るのは、さほど違和感を感じません。

引っ張るまえに一声かけると、心の準備をしやすいので、協力してもらいやすいです。最後には次の約束や労いの言葉をかけましょう。歯磨きも慣れない間は子どもにとっては辛い労働です。磨けていてもそうでなくても、お互いこの時間を労いましょう。

むし歯の予防対策は大人もしておきましょう

歯磨きを始めた頃は、特に義務感を持ってする必要はありません。口の中の細菌の定着は1歳を過ぎてからですから、それまでは、試運転期間として、「いかに歯磨きを快く赤ちゃんに受け入れてもらうか?」ということに専念しましょう。それと合わせて、周りにいる大人は、自分のお口のケアをしっかりしておく事です。お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん。

大人はすでに、むし歯菌も、歯周病菌も持っています。たまにいない人もいますが、わずかです。赤ちゃんが1歳を過ぎ、可愛い盛りの1歳半から2歳半ごろに、外からやってくる細菌が、口の中に定着すると、病気になるリスクが一つ揃ったことになります。

例えば、家族で食器の共有を日常的にしていると、唾液を介して移ります。なるべく、感染率を下げるためには、家族で歯磨き習慣を積極的に取り入れることが、赤ちゃんのむし歯予防にもなります。シンプルに、自分のケアをする事が、むし歯予防の一番の近道なのかもしれません。

赤ちゃんのお手入れ歯ブラシ、どれを選ぶと効果的?

1、仕上げ磨き用歯ブラシ

一般的に市販でもあらゆる種類の歯ブラシが手に入るようになりました。仕上げ磨き用は大人が持ちやすいように柄が長く、ブラシヘッドは、コンパクトにできているタイプが多いです。

毛先の硬さはメーカーによって多少違いますが、柔らかめのものを使用しましょう。毛先のカットは、凹凸加工してあるものなど、形も様々ですが、平切りのスタンダードなタイプのもので構いません。
歯ブラシの基本の動き(小刻みに動かす)がお子さんのお口の中でできるよう練習をしましょう。

2、タフト型歯ブラシ

円錐状に毛先がカットされた、部分磨きをする歯ブラシです。毛束の量や、その質によっても汚れの取れ具合は違います。歯と歯の間や、噛み合わせの溝の凹みに、ぴったり合わせて使うブラシなので、じっと口を開けてくれる状態になったら、仕上げ磨きが慣れてきたら使用すると、より細かい部分の汚れが取れます。

3、デンタルフロス

歯と歯の間に汚れが詰まっている時や、奥歯が生えた時歯と歯の間のケアに効果的です。使い方を間違うと、圧がかかりすぎた時に歯肉に傷をつけてしまいますので、注意しましょう。市販の弓状に張ってある糸でも構いませんが、ある程度、仕上げ磨きが慣れて落ち着いたきたお子さんに、使用しましょう。

歯磨き剤は使用したほうがいい?

歯の汚れは歯ブラシでうまくこすれば、落ちます。ただ汚れが粘っこく、歯の形が複雑なため磨き残しをしやすいのですが、それを補う方法に歯磨き剤が必要かというとそうではありません。「何歳になったら使えますか?」という質問がよくきます。私は、無理に使うことはないと思います。安全面においても、裏の表示をみて、何が入っているかを調べれば、詳しいことはわかります。

歯磨き剤の使用はそれを理解した上で、個人の選択の範囲で、取り入れましょう。歯磨き剤は、仕上げ磨きの導入に、味を使って歯磨きの導入をする分にはアイデアとして使用できると思います。

フッ素入りの歯磨き剤もたくさんあり、むし歯予防と表示してあります。しかし、子どものむし歯は、そのほとんどが家庭生活の習慣(食べ物、家族間の菌の感染、家族の歯磨き習慣など、)の修正があらゆる要因が絡み合って発症しています。各家庭で何を選択するかは、よく考えましょう。

まとめ


離乳期の歯磨きは、しっかり汚れを落とすよりも、将来的にどんなイメージを教えていくことで、一生自分の口の中の管理ができる習慣を持てるか?の、始まりの部分です。最終的には、本人が自分から歯磨き習慣を身につけていく事を覚えさせたいので、「今、汚れを完全に取ること」だけをメインに置くと、大人が磨いてもある程度時間はかかります。

その間、時間もかかりますから嫌がるお子さんも多いでしょう。子ども集中力はそこまで続かないことが多いため、ピンポイントで、時間を最小限にし、「今日の小さなできた」経験を積んで行きましょう。その経験値がたくさん積まれると、良い歯磨きのイメージを育てることがでいます。無理のない程度が、将来的に習慣化に繋がります。

オンラインスクール開催中!

オンラインスクール開催中!

サイトマップ