Komi屋 赤ちゃんから、むし歯予防をはじめよう

〜日本発!世界一素晴らしい日本の子育てを、オーラルケアの視点から歯科衛生士komiyaが発信するサイトです。〜

赤ちゃんの歯が生えてる!あなたはすぐ行動する派?様子を見る派?

今まで、歯肉しか見当たらなかった赤ちゃんの口の真ん中あたりに、ちょこんと前歯が生えてきました。離乳期6ヶ月前後になると、下の歯がそろそろ生え始めるころです。生えるタイミングには個人差があるので得に気にしなくていいものの、見えてしまうと気になります。

「あれ!?歯が出てる!!」これってお手入れしなくちゃ、さて何から始めたらいいのでしょうか?

子どもの歯磨きを上手にするには、心の準備から

「待ったました!では、すぐ歯磨き始めましょう!」と、なる人は少ないはず。一般的には「お手入れ方法どうしたらいいの?」「もう、磨かなくちゃいけない?」と、不安になってしまうものです。自分の歯だったらいつものように歯磨きすればいいけれど、自分以外の口の中を触るときは、やはり抵抗があります。

それはそうですね、自分以外の感覚はわからないものです。もちろんコツがあります。しかしそのコツを知る前に、大事なことがあるのです。これから歯磨きに対して、いつか親の手を離れた時、その続きをしてくれるために、今から意識つけておくことがあります。それは、「歯磨きを、毎日することが自然で当たり前」な感覚です。

もし、大人が歯磨きを「面倒くさいものだ」と思っていたら、どうでしょう?このようなマイナスイメージを持っていたら、子どもは口にしなくても、察知してしまいます。子どもの時から、むし歯にならないようにするために、外遊びから帰ってきて手を洗うような軽い感覚で、歯磨きを捉えて欲しいのです。

子どもはいつかは自分で自分の口を管理し、むし歯などの病気にならない生活をします。今の赤ちゃんの生活は、たくさん手をかける必要がありますが、いずれ一つ一つ自分のことが自分でできるようになり、親の手を離れて自分で考えて行動していくことになります。

一人でできることが増えていく嬉しさを応援するように、苦手意識や抵抗を植えつけない習慣(考え方)を教えることが大切です。

歯磨きする前の、どんなイメージがあればいいか?を育てる

そのためには「どう磨くか?」よりも、将来のお子さんの行動につなげるために、「どういうイメージを、子どもに持ってもらい、歯磨きに参加してもらうか?」が第一番です。今の歯磨きを「どんな時間として認識させるか?」ということです。楽しい時間、お家の人がお口の中をきれいにしてくれる時間、毎日することと捉えてくれればいいでしょう。

逆に、 我慢して口開けなければいけない時間、無理やり抑えつけられる時間、痛いのを我慢しなくてはいけない時間と認識してしまったらどうでしょうか?この違いによってその後の人の行動は大きく変わります。過去の経験は、未来の行動に影響するのです。

人が学習してできるようになるまで

人間の認識の育ち方には、段階があります。4つののステップがあり、新しく事始めをし、できるようになるまでには、誰でも必ずこのステップをたどってできるようになります。例えば、自転車の乗り方や、習い事などに当てはめるとよくわかります。歯磨きも同じことが言えます。

第1段階 無意識的無能・・・それそのものを、全く何も知らない段階
・・・歯磨きとは、なにをすることなのか、わからない
第2段階 有意識的無能・・・知っているけどしない、知っているだけ
・・・・歯磨きをしているところを、見たことある程度、自分がするとは感じていない
第3段階 有意識的有能・・・知っていて意識すればできる、そこに抵抗がない
・・お家の人がしてくれる、特に抵抗なくできる
第4段階 無意識的有能・・・意識しなくてもできる、自然に行動できる
・・・歯磨き習慣が当たり前になっている

歯磨きに例えると、何も知らなかった第1段階から、第2から第3段階に移行する時期が離乳期以降の生活です。まだ何も浸透していないため、この段階で、楽しみのイメージを伴わせて、歯磨きを取り入れて行くと、「やらされている感」よりも、自発的に「やりたくてしている感」が育って行きます。

ここを、 「我慢して耐える時間」にならない工夫をしましょう。ここの頑張りが、のちの仕上げ磨きの成功につながるのです。

歯磨きが、毎日の習慣になるまで

仕上げ磨きの最初の段階は、「優しく・時間を短く・できるところまで」を、繰り返していきます。大人が納得行くまで磨こうとすると、時間が長くかかりすぎてしまいます。それだけ、口の中は複雑で、歯ブラシで汚れを取るにも、細かい部分ばかり、時間がかかるのは当然です。

その上、人間は感情の生き物です。気分が乗らなければ気が進まない時はありますね。歯磨きに対して嫌なイメージ、楽しくないイメージはその後、「歯磨き=自分にとってしたくない行動」というイメージだけで結論を出してしまいます。

この結論を生み出してしまうと、 条件反射的に歯磨きを嫌がり、子どもが小さい時は親の管理下にあっても、いざ自分で自分の体をメンテナンスする必要があるのに、気が進まない、めんどくさい、やりたくないなど、腰が重くなってしまいます。

歯磨きは、汚れている歯をきれいにすることなので、「お口の中がすっきりする」「エチケットの1つ」として自然な習慣にしたいですね。そこに抵抗をもってもらわないようにするためにも、まだ経験の浅いうちから歯磨きに対して、これから持って欲しいイメージを教えていくことが大人の役目なのです。

そう考えると「汚れを取るために今、歯磨きをするのか?」「将来のためにイメージを植え付けるための行動なのか?」両方必要なようですが、後者が優先です。

初めての子どもの歯磨きにどれくらい時間をかける?

子どもの口の中を磨くのは意外と難しいものです。きれいにするまで磨こうと思えば、時間はかかります。お子さんの集中力を考えると15秒以内でも、立派な歯磨きタイムです。最初は5秒以内、これだけ短い時間から始めればいいのです。たくさん、優しい言葉をかけてあげて下さい。
「その気にさせる、5秒」は、後で大きい効果を示します。

慣れてきたら・・・
歯磨きの習慣ができ、お互いの役目がわかってきたら、歯磨きをする範囲を少しずつ広げていきます。まだ、前歯しか生えていない場合の歯磨き方法を紹介します。

前歯の表の面ってどう磨く?

唇の力を抜いてもらわないと、うまく磨けない場所です。唇の筋肉に歯ブラシが押し返されてしまいやすいですから、リラックスできるよに柔らかく声をかけて、唇を軽く排除していきます。

歯ブラシを動かすことが無理そうなら、まず人差し指を入れても、唇の力が抜けるように練習しましょう。うまくいったときは、「そうそう、上手ね」など、少し声のトーンをあげて嬉しそうに声をかけていきましょう。

前歯の裏側は、見えないところ

歯ブラシを縦にして、一本ずつ磨くつもりでブラシを当てていきましょう。特に歯ブラシ面の毛先を部分的に使うと、汚れが取れやすくなります。

まずは、毛先を使って、小刻みに横に動かします。歯磨きペーストは、使う必要はありません。終わったら濡れガーゼで、優しく拭き取ってあげましょう。ここは時間勝負です。様子を見ながら、声かけに応じてくれたら、大成功です。

終わったら「終わったよ、協力してくれてありがとう」という気持ちをあなたの言葉で伝えましょう。これを毎日繰り返しましょう。

まとめ


私たちは、ノウハウ的な新しい知識を入れれば、実践できると勘違いしてしまいがちです。人間は感情の生き物です。そこに気持ちが向かないと、いいことを聞いても、なかなか実践できないものです。そこで、先に頭の中で「いいイメージ」を作っておき、それを育てることが結果的に将来の行動につながっていくことになります。

まっさらな赤ちゃんに、優しい言葉がけと素直な気持ちを添えることで、お互いの協働作業とも言える、歯磨き習慣をぜひ楽しく取り入れていきましょう。うまくできる日、できない日それぞれを経験しながら育っていきます、大事な根幹部分がブレないように、新しい習慣を親子ともに一つずつ作っていきましょう。

オンラインスクール開催中!

オンラインスクール開催中!

サイトマップ