Komi屋 赤ちゃんから、むし歯予防をはじめよう

〜日本発!世界一素晴らしい日本の子育てを、オーラルケアの視点から歯科衛生士komiyaが発信するサイトです。〜

はえはじめた歯

EPSON MFP image

はじめまして、歯です

首が座って腰をしっかりしてお座りやハイハイ、成長はあっという間!歯が生えるとさらに嬉しいですよね。歯が生え始めるのは、だいたい6ヶ月から9ヶ月頃だと言われています。
もちろん個人差はあります!!うちの子どもは9ヶ月過ぎた頃にやっと下の歯がみえてきました。急がなくて大丈夫です。スピードはさまざまです、のんびり屋な子もいますよ。

歯はむずかゆい?

今までにないことを経験すると戸惑ってしまいますよね。赤ちゃんもきっとびっくりしていると思います。“今まで口の中がむずかゆいなんてなかったのに、なんでだろう?”と理解できないでいると思います。歯がぽつんと出てきたころ、母乳を飲んでいるとさらにお母さんは大変!!母乳で育てたので噛まれると痛くてもう泣きそうでした…(笑)離乳食を1日3食にしたので徐々に母乳を麦茶に変えました。

歯固めの時期?

歯が生える前からむずがゆくて赤ちゃんは大変です。おっぱいがだいすきな赤ちゃんがつい噛んでしまうのもそのひとつではないでしょうか。おもちゃやぬいぐるみをかみかみするのもそうです。そのために歯固めがあります。たくさんの種類の歯固めがあり、その子にあった可愛いものを選んであげてください。消毒できるタイプもあるので、お母さんやお父さんは安心できますよね。

うちはふたりの子どもがいます。性格は正反対ですが、歯が生え始めた頃わたしや主人の腕をかみかみするのはふたりとも同じでした(笑)ふくらはぎ、二の腕、指、目に入るところはかみかみしていました。子猫の甘噛みのようなものでそこまで痛くはないのですが、困りました。他のひとやお友だちを噛むことはなかったので安心はしました。

そのあと歯固めを渡すと夢中になっていましたし(笑)腕を噛んでいた時期も短い期間だったのできっとはがゆくて噛んでいたのかもしれません。痛いときもありますが怒らないであげてください。言っても伝わらないことが多いです。しっかり向き合っていきましょう。そのときは噛んでもいいようなものをあげたる、意識を変えてあげるといいです。

歯は大事だよ

むし歯にならないように歯が生える前から気を付けましょう。甘い飲み物や炭酸系の物はもちろん飲ませていませんでした。お菓子も食べすぎはよくありません!なるべくちいさいころは市販の物ではなく、野菜のお菓子など糖分には気を付けて手作りしていました。可愛い子どもをむし歯で悲しい思いをさせないために、歯が生える前にケアをしっかりしましょうね。がんばりましょう!!

    • ちょっと先輩、現役お母さんからエールが来ました

    • さすが先輩は説得力ある〜