Komi屋 赤ちゃんから、むし歯予防をはじめよう

〜日本発!世界一素晴らしい日本の子育てを、オーラルケアの視点から歯科衛生士komiyaが発信するサイトです。〜

子どものむし歯予防に効果的な、「唾液」を働かせるには?

「むし歯予防」と聞けば何を想像しますか?
真っ先に「歯磨き」を思い浮かべる人が多いと思います。では、「何のために歯磨きをするのですか?」それはもちろん、むし歯にならないために。

では、「歯磨きをしなければ、すぐさま病気にかかるのでしょうか?」私たちの体はむし歯菌から、いつもびくびくしなければいけないほど無防備なんでしょうか?


子どもの体にも備わっている自己免疫能力・唾液を活用しよう

唾液は誰にでもあり、噛む刺激により、たくさん出てきます。唾液は食物の消化に関わる事で知られていますが歯を守る力も持っています。殺菌効果、歯の再石灰化、口の中の自浄作用、お口の中のバランスを整える緩衝(かんしょう)作用、があります。その中でも特にむし歯に関係する働きは、歯の再石灰化と緩衝(かんしょう)作用です。

私たちのお口の中は食事をしていない時は、唾液の力により中性寄りのPHで保たれています。しかし食事が始まった途端に、たちまち酸性に傾きます。どの人も同じ現象が起こりますから、これを止めることはできません。食事をすると口の中の唾液が酸性に傾くという事は、特にむし歯菌が活動しやすい環境になり、歯も酸に弱く溶かされやすい環境なのです。

私たちにとって食事は必要なことです。しかし、この状況がだらだらと長く続くことは、歯にとって悪状況を継続させる事になります。子どもの食事もある程度の時間(30分を目安)で切り上げることも、このことからむし歯予防に欠かせない行動の一つです。食後30分ほどたつと、唾液の緩衝作用働きにより、酸性から中性に戻され、歯は常に唾液に守られています。

お口の中はミクロ世界、目に見えないけど歯は溶けている

口の中が酸性になると、歯の表面ではミクロ単位で、大変化が起こります。それは歯の成分のカルシウムとリンが、歯の表面から食事中の酸性になった唾液中に溶け出てしまうという現象です。これを脱灰といいます。

反対に、食事が終わって、唾液が酸性から中性に戻そうとする働き(緩衝作用)が起こり、お口の中が食事をする前の状態に戻ると、唾液中に飽和状態となっていたカルシウムとリンが、歯の中に戻っていきます、これを再石灰化と言います。唾液はこうして、私たちの歯を守ってくれています。

私たちは、食事をするたびに、この脱灰再石灰化を繰り返しています。つまり、歯は酸に弱く、脱灰の時間が長く続くと、歯の成分がどんどん溶けてもろくなり、ついに穴が開いた状態がむし歯です。生活習慣の中で行われている食事のサイクルが、むし歯と大きく関係し、子どものむし歯の場合、歯磨きとともに食事の回数のコントロールも必要です。

子どものむし歯予防は1日の食事をコントロールする事から

おやつも食事の一つです。そう考えると、私たちは1日何食するでしょう?また、量に関係なく、食事がだらだらと続けば、食べている間は常に、酸性に傾いたままの環境(脱灰)が続くのでむし歯になりやすくなります。さらに、むし歯菌たちの活動を活発にする食べ物、「お砂糖」が入ると、ダメージを受けやすくなります。

お砂糖はバイキンの餌です。活動を活発にさせ増殖しやすくなるため、歯垢の粘りが増し、歯ブラシでこすっても落ちにくい、強固な汚れに変わっていきます。 

大人の歯より柔らかい乳歯はむし歯に要注意

食事をする度に、歯は酸性の環境にさらされ、また唾液の力により、環境が元に戻ります。ただ乳歯の場合は大人の永久歯より柔らかいので、できるだけ酸性の環境に置かれる回数や、時間は少なく留めた方がむし歯予防になります。

離乳期の段階が上がるにつれて、ミルクや母乳を飲むタイミングが減り食事回数もまとまります。しっかりと空腹が用意できるために、よく遊ばせる環境と、食事をする生活のメリハリは、歯磨きと同じく大切なむし歯予防行動です。

噛む習慣は離乳期から始まっている

小学校の保健室のお便りでもよく見かける、「食事をする時は、よく噛みましょう」というフレーズがあります。しかし実際小学生に、よく噛む習慣が取り入れられるかというと、そう簡単にはいきません。子どもたちが今までしてきた習慣の多くは、「かまない」のではなく「かめない」習慣なのです。

つまり噛むために必要な筋肉がない、よく噛む必要のない食事、噛む食事を促されていないことなどが考えられます。それはいつから始まったかというと、さかのぼること始まりは離乳期からなのです。長いようで短い離乳期にどのような食べ方をしていたのか後々の生活習慣に響いていくことがまだ現代では多く知らされていません。

そしてその方法は実は簡単なルールで食べさせられば良いのです。よく噛んで自分の持っている唾液の力を最大にするために、離乳期の大人の介助の仕方が鍵となります。

子どもの食事、唾液が出やすい環境

食事中は、通常リラックスする副交感神経が働くことにより、気分が落ち着き、唾液が出やすくなります。しかし、心が落ち着かず、忙しい食卓、穏やかな環境ではない場合、体の活動を促す、交感神経が優位になって緊張状態になり、唾液の分泌も少なくなります。

食卓の雰囲気を演出したり、和やかな食事をすることは、副交感神経を優位にさせ、リラックスできる環境を整えることは、結果唾液の分泌にまで影響するのです。

重要な子どもへの言葉かけは心と体の魔法になる

プラスのイメージを持つ言葉を積極的に使うことは、苦手意識を植え付けず、全てに可能性を残しておく意味で、重要です。食事をする時も同じで、美味しい食事の時間を楽しむためにも、一声かけるとよいイメージが加わります。

例えば、一口食べ物が入る半歩先で、「美味しいね〜」と先に声をかけると、そのイメージが膨らみます。そのちょっとした時間差を使って、おさじで食べ物を食べさせたり、口に入れた後、「お母さんの作ってくれるご飯は美味しいね〜」などど、家族の協力をえながら、「みんなで囲む食事」の楽しみ方を、リードしてあげることも食事に対して、楽しい記憶が残っていきます。

そんな小さな繰り返しから、将来の「昔の思い出」になり、家族とともに食を囲む時間は、ちよっとした言葉がけをあえて意識することで、雰囲気が変わるのです。いつか、子どもが大人になった時、自分のお子さんへ受け継がれる食卓にしていきましょう。

食事をするための口周り筋肉を日常の遊びから育てる

子どもにとって「息を口をすぼめて吹く遊び」は口周りを鍛えます。昔私たちが当たり前のようにしていた、遊び(タンポポのわげを吹いて飛ばす、草笛を吹く、巻き笛を吹くなど)がそうです。楽しくて没頭したくなる遊び、それは子どもにはとても必要ですが、口周り筋肉を作るためにもとてもためになる遊びです。

食べるためには、口周りのあらゆる筋肉が働いて消化を助けます。「唇を閉じる」だけでも、筋肉は使われていて、その力が少ないと、閉じることができません。例えば口を長時間つむることができない、目の前にあるろうそくの火を、口から息を出して吹き消すことができない、現代の子ども達にはこういう現象もおきています。多くの楽しい経験をさせながら、子どもの発達を手伝っていけるようにしていきたいですね。

まとめ


誰にでもある、唾液には自然に自分の体を守る作用を持っています。しかし、その働きも、食事をする環境では、消化という形で働きますが、歯を守る働きは弱まります。食は私たちにとって、切っても切り離せません。食後は唾液が歯を守ってくれる環境に変わります。その働きが最大に起こるように食事をだらだら食べる習慣には気をつけましましょう。

もちろん、食べたら汚れがつきますから、お手入れも並行して生活習慣に取り入れていきましょう。この最低の土台を固めておくことで、子どものむし歯予防回避の一歩が進みます。良い習慣は、家族全員で子どもと一緒に相乗効果が増し、一生使う歯を、家族単位で守りましょう。

オンラインスクール開催中!

オンラインスクール開催中!

サイトマップ