Komi屋 赤ちゃんから、むし歯予防をはじめよう

〜日本発!世界一素晴らしい日本の子育てを、オーラルケアの視点から歯科衛生士komiyaが発信するサイトです。〜

離乳期初めてのコップ練習法

コップが使えたら、育児をする大人にとっては、洗い物も簡単になり家事が楽になりますね。コップの練習には、段階があります、手のかかる時期ですが、離乳食の段階ごとに「ついで」として取り入れやすい方法を紹介します。

赤ちゃんの水分の取り方練習方法 その1離中期から始めよう

水分補給はおさじを使います。喉が渇いたタイミングで良いのでおさじを使って水分を飲ませてみましょう。おさじは、離乳食を食べさせる向きとは違い、唇に対しておさじを横に当てます。

おさじの中に入った水分は、常に赤ちゃんの上唇に当たるように介助します。すると、水分を「すするような動き」を引き出すことができますので、根気よく試してみましょう。お子さんによってはいろんな動きをしますが、おさじから水分を飲む練習を、この時期に繰り返し行い、毎度その反応をしっかり見ていきます。おさじを傾けすぎると、液体が流れ込み、むせの原因になるので注意しましょう。

赤ちゃんが、むせた時の対処

赤ちゃんが液体を飲もうとする早さよりも、先に液体が流れ込んできてしまったら、むせることがあります。そんな時は、心臓の裏側あたりを、軽く叩いてむせをとります。この時に、大人の手のひらを丸め、空気を手の内側に含む形にして軽く叩くと、効率よくむせが取れます。家族がむせた時にも使える技ですので、ぜひ覚えておくと、役に立ちます。

おさじのみをクリアできたら、次の段階!その2離乳中期様子を見ながら

おさじを介して、水分をすすり飲めるようになったら、量を調節していきます。おさじよりもかさの深い、レンゲなどを利用するといいでしょう。代用で良いものがあればそれでも構いません。レンゲを使う時は、おさじの時と当て方を変え、垂直方向からレンゲの先を飲み口として使います。

レンゲは、基本的に先細りの形をしているため、赤ちゃんの小さい口に合わせやすい幅です。上下の唇で挟み込みやすいので、連続飲みの練習がしやすくなります。

気になる「そろそろストローデビュー!?」

離乳期に水分をとる練習を始めるとき、なにから始めればいいでしょうか?「そろそろ、ストローを教えなっくっちゃ」と思っている人もいらっしゃるかもしれませんが、それは実は間違い なのです。赤ちゃんは離乳期で、今まで母乳やミルクを飲んでいた動きと、全く違う口の中の動きを、学んでいきます。

そんな中、ストローで飲み物を飲むことは、つい昔にしていた動き(母乳やミルクを飲む動き)を呼び戻してしまうこことになるのです。赤ちゃんが離乳期に入ったら、新しい動きをしっかり覚えてもらい、過去の動きから卒業してもらうために練習しているのです。少しつづお口の機能を手助けし、飲み込み方を覚えていけるように二人三脚しながら、今までとは別の水分の取り方を学んでいきましょう。

いよいよコップの練習へ、その3離乳後期以降

レンゲのような深みのあるおさじを介して飲むことが上手になったら、ようやくコップに移行していきます。自分でも飲みたがる場合は、少量の水(一口分)にして、飲ませてみましょう。要介助・飲みこぼしは覚悟の上で、本人がしたいという気持ちを優先させます。飲みやすいコップの形は、子どもの口の大きさに合わせて、コップは口径も小さく、飲み口の厚みが薄いコップが飲みやすいです。

おちょこも良い大きさですが、飲み口に厚みがあると、唇で挟み込みにくくなります。代用品でもかまいません、例えばプラスチックカップ(カップのふちが、まっすぐ立ち上がっているもの)は使いやすいです。その場合、縁が外側に折れ曲がっていない、まっすぐ立ち上がった形が飲ませやすいです。

離乳期にストローを使うと起こる、デメリット

おさじで、水分の取り方を練習していくと、「このままいけば、コップもつかえるんじゃないか?」と、様子を見ながら、見通しが立ってきます。こうなれば、大成功です。この時点までストローの使い方を教えていなかったとしても、すぐに上手に使えるようになります。それもそのはず、離乳の前にしていた動きですから、全く知らない動きではないのです。

上唇の先に水面を当てた感覚から、液体を飲むことを教え、舌の表面にある味覚を刺激し、液体を味わって飲めるようにしましょう。ストローでは味覚を感じる舌の表面に、液体が触れにくいためコップで飲むよりも味覚の刺激が伝わりにくくなります。

まだ連続飲みが慣れていない間は、どれくらい傾ければよいかわからず、傾けすぎて多量に液体が口の中に流れ込んでむせてしまったり、溢れてこぼれてしまったりなどの失敗はよくあることです。ボトルの角度に注意して、少しずつ液体が上唇に触れているよう、介助してあげましょう。

また、子ども用のコップや汁椀など、経が大きすぎて、口角にコップのふちが食い込む大きさのコップは、傾斜を把握していない場合は口の横から液体が溢れます。常に、上唇に液体が当たる感覚になるよう、介助をする際は赤ちゃんの上唇を確かめましょう。

育児グッズの代表!?とも言える、ストロー付きのコップは、便利に使いましょう。

倒れてもこぼれないなどの便利な機能のついたコップは、お出かけや車の中などには重宝します。しかし、飲み口のタイプは吸い上げるものがほとんどです。離乳期には哺乳期の動きはほぼ必要がなく、新しい飲み込み方の練習中です。特別な場合は、便利グッズのお助けの力を借りて,日常は赤ちゃんの発育の助けを中心にしましょう。

また、ストローコップを洗うのが面倒で、使わなかったという話もあります、使い方は、人それぞれですね。コップ飲みができるようになると、おでかけの荷物もシンプルになります。小さめの介助しやすいコップや、ペットボトルなど、口径が小さいものは、子どもの口には違和感が少なく飲めるお子さんもいます。そうなれば自分でコップを使って飲むのも、目の前です。

あなたの子育てをしましょう!

同じ育児をしている仲間からのリアルな情報や、メデイア、インターネットからあらゆる情報が流れてきます。その量の多さ、選択の仕方に迷いが出てくるのは当然です。育児中は必ずみんな同じ道具、方法を使うとは限らず、それぞれの家庭のやり方や工夫があって良いのです。 子どもの性格や環境もみんな違って当然です。

その中で、自分の子どもが今どの段階にいるのか?どこでつまずいたり、進んでいるのか?日常の様子をよく観察していることが、新しい情報が来た時に、「取り入れる必要があるか、ないか」の判断基準が持てるようになります。

日々、同じ日を過ごすことはありません。成長する子どもの行動や感情と関わり、あなたが自分から考え出し、選択し続け、行動をしていくと、必ずその結果がやってきます。そのように「考える事」は、人間にとって一番大事な事で、子どもに受け継ぐ必要のある事です。失敗を恐れたり、うまくいかないことが合っても、赤ちゃんは逞しく成長します。ちから強く生きる赤ちゃんの成長を目の前で感じましょう。

そこから見た子どもの様子は、大人に新しい気づきを与えてくれます。あなたにとっての、「育児の素晴らしさ」はそこに隠れています。
子育てをすることは、自分の人生に必ずプラスになる要素をもたらしてくれます。今まで経験してこなかった「お互いの成長」を、目の前で教えてくれるからです。