Komi屋 赤ちゃんから、むし歯予防をはじめよう

〜日本発!世界一素晴らしい日本の子育てを、オーラルケアの視点から歯科衛生士komiyaが発信するサイトです。〜

歯と歯の間の掃除

うちの子どもはふたりとも歯並びが悪いです。
うちの息子の歯は全体的に悪いといった感じで、どこがどうと言うよりは、歯一本一本が微妙にまっすぐになっていないのです。うちの娘の歯並びはさらに悪く、全体がアンバランスな上に、前歯の一本が完全に後ろから生えているのです。しかも大人の歯です。うちの子どもたちは、前歯がかなりガタガタなので、歯の矯正は必要不可欠だと思います。やはり最近の子どもたちは、口がや顎が小さくなってきているのが原因なんでしょうか?

ぼくは、運がいいことに生まれつき歯並びは綺麗いです。

うちの父親の歯並びも悪く、僕の兄弟の一人もかなり歯並びが悪いです。僕は、完全に母親似で助かりました。。子どもたちの母親も子供の頃、歯の矯正をしたにも関わらず、40歳を超えてまた歯の矯正が必要らしいく子どもたち以上にひどい歯並びです。こればかりは遺伝だから仕方ないので、だれも責められませんが、うちの娘はよく不公平だと言っています。

やはり歯並びが悪いと、ネガティブなことも多く、まず、見た目もよくない。それに、食べ物の残りカスが歯の間に溜まりやすい。また、規則正しくない隙間の間隔のせいで、歯磨きで綺麗にするのも大変です。

日頃から、

子どもたちにはフロスを使うように言っています。僕も、毎日フロスを使って歯の間に挟まったものを取り除いてから歯ブラシをします。昔は、小さな箱に入ったタイプのものを使用していて、自分の使いたい長さに切ったものを使っていました。ただ、割と手の大きい人は、やはりフロスを長めに取らないと非常にやりづらいです。また、うちの子どもたちは、その操作が難しくてなかなかできません。子どもには大変な作業かもしれませんね。

そこで、友達から、トゥースピックと言う楊枝のようなものを薦められました。歯の間にいれて、ごしごし抜き差しして、歯の間に詰まった食べカスを取り除きます。我が家では、使い捨てのものを使用しているので、使用後の洗浄などの面倒な作業もなく、しかも安価です。

僕的には非常に使いやすく、今では、歯と歯のお掃除はそれしか使かっていません。これだと子どもたちもわざわざフロスの長さを調整せずに、手に巻き付けるという作業もカットできて、しかも使いやすので、まさに、一石二鳥です。

欠点としては、使い捨てのもを一本一本使用するのですが、少し強度が弱く、使用の際は、少し力の調整が必要になります。僕の場合、毎回一本は、舳先が折れてしまい、新しいものに変えなければなりません。手加減がうまく調整できる人には良い商品だと思います。

オンラインスクール開催中!

オンラインスクール開催中!

サイトマップ